時間

最近 仕事がとても忙しく 
自宅に着くのが 9時ごろだったりしてました
それから 簡単な夕食を用意し 二人で食べる毎日

ちゃんとした手料理を食べてもらいたいし
ゆっくりと流れる“時間”を感じたいなぁと思っていた

本社勤務の私は 時々支店の応援に行く
今日も そうだった
少し早めに 仕事が終わり 本社に電話をすると
「今日は そのまま帰っていいよ」

今日行った支店は ダンナさんの職場の近くだったから
少し待って 一緒に帰ろう

買い物をして 今日はいつもより 少しマシな手料理
それだけで “ほらっ、おいしいじゃん!”なんて 自画自賛。。。
何となく いつもより いい時間の過ごし方

私には “時間” 必要だと思われます
もう少し 季節を楽しみ 季節を語りたい
[PR]
# by cocchiy | 2007-11-09 23:58 | 日記

藤木直人 “リバース”

実はわたくし…藤木直人の大ファンでして
二年ぶりのライブに 行って参りました♪

モデルに俳優、確かに何をさせても かなりの男前だと思う

だけど、私はシンガーである 藤木直人が一番好き
ライブでの藤木直人は とってもフランク
フレンドリーな口調で とっても楽しそうに自然体で話します
ライブに行って、直接会わないとあの良さは分からないだろうなぁ

とにかく優しいんだなぁ
ぽぉ~ってしてしまうんです。。。

ん?歌?
なかなかいいよ♪

今回は かなりのダンスを見せてくれました
それがまた上手で その上 セクシーなんです
も~ぽぉ~ってして 双眼鏡で見ながら口が笑ってる
ヤバい

飛んだり跳ねたり踊ったり笑ったり…
えっ?歌ったり…?
知らない曲ばっかで歌えなかったよ(汗;)

これでも私、藤木直人の大ファンですから
最高の夜でした

予習できなかったnewアルバム(おまけにポスター2枚)を購入し
700円のリストバンド、300円の特製ビニール袋と
500円のガチャガチャでシールとバッチを手に入れ大満足です♪

自宅に帰ればダンナさんが ニヤリと笑みを浮かべ
「今日って 藤木直人のトークショーだったけ?どうだった?」…失礼な

まぁ 何とでも言っておくれ
私は もうしばらく ぽぉ~~~ってしてますから~ 
[PR]
# by cocchiy | 2007-11-07 23:45 | 映画・音楽など

握手

今日は 仕事の関係で ある方のお手伝いにいきました。

仕事が終わると、私の肩にポンって手をおき、
「今日はありがとう」 と丁寧にそう言ってくださいました。

今日、初めてお会いしたのに、初めから心を開いてくれた
障害を持ちながら 何事にもチャレンジし、周りを巻き込む底抜けの明るさ
何度かドジを重ねる私に大笑い

最後に、身の上話までしてくれた
記念写真に誘ってくださり、最後に握手

心を開いた 本当の握手だったような気がする
だって すごく嬉しかった

この仕事は 年に一度の仕事だから 次に会えるのは来年の秋
「来年、必ずまた会おう」

今日一日のことを 振り返ると 心が温まり 涙が溢れました
[PR]
# by cocchiy | 2007-11-03 23:53 | 日記

やるせない

今日は やるせない一日だった

なんのために 頑張ってるんだろう…なんて考えてしまう日がある
会社が好きで、仕事が好きで、なんて言ってても
結局は、今までは 若さもあり、人にも恵まれていたからかもしれない

今の環境が 決して悪いわけではないし
取り立てて 腹の立つこともない
ただ、断然違うのは “期待度”だということに気がついてしまった

私の会社は 多少(かなり)男性が優位だと思う
営業が軸になってるし、女子の人数は全体の2割もない
男性が優位でもいいし、何も張り合う気もない
ただ、地味でも何でも 一生懸命に向上しようって思ってる意思を 尊重して欲しい
人間、わりと図太いようでも 傷つきやすかったりするんだから…

でも、どんなに やるせなくたって働くしかない
なら、どこまでも 志を抱きしめて やってやろうじゃないっ
女は女らしく
少しでも その“期待度”とやらを 高めてやろうじゃないっ

壁にぶち当たるたびに 必ず落ち込み 必ず 発想の転換が訪れる
ちょっと 楽しみに なってきたぞっ

喜怒哀楽は ちゃんと あって いいと 思う
[PR]
# by cocchiy | 2007-11-01 23:58 | 日記

明日は 明日の 風が吹く


明日は 明日の 風が吹く


と 励ましてくれた 


それだけで 今日という日が 悪くなかったと思える
[PR]
# by cocchiy | 2007-11-01 23:49 | 日記

必ず見てる



   「だあれも 見ていなくっても ちゃぁんと見てるんだよ

    天と 大地と 自分と そして 神様が…

    アンタが いいことしたことも

    アンタが 悪いことしたことも

    全部 見ていて どんどん 積み重なっていくんだよ」



    昔 私が 幼かった頃 おばあちゃんが いつも 話してくれた

    


    
[PR]
# by cocchiy | 2007-10-30 23:48 | 自分のコト

甘え

現在、実家が大変なことになっている

父、入院中(できる限りの付き添いが必要)
ぢい、入院中(血が作れなくてフラフラ状態輸血中)
ばあ、まもなく入院(半年に一度くる 胆石による痛み初期)

どう 考えても大変。
家族で 助け合わなきゃならない事態なのに
仕事が休みのくせに 私は自宅にダラダラといた

言い訳はある ①疲れてた ②自宅の掃除
姉も母も 連絡のない私は仕事だと信じていた

父の病院とぢいの病院を行ったり来たり ばあの様子を気にしながら
猫の手も 借りたいくらいだったろうに
薄情にも 猫以下の私は 家族失格
3時ごろに 姉に電話して 休みがバレて 切られてしまった

ちゃんと謝らなくちゃ…
メールで精一杯
返事なし
怒らせてしまった

すぐに車を飛ばして ぢいの病院に来た
輸血が終わるのを まだかまだかと待つぢいは
昨晩、輸血の針を止めてあるテープを剥ぎ取って針を抜いて大惨事!
退院する気マンマンだったぢいは しょんぼり顔で輸血に耐えていた

d0033360_22545581.jpg「なかなか死ねんもんやなぁ」
ぷ~~っておならして ニヤリと笑い
   「すか~っとしたわい!わっはっは」
「おいっ、こないだすごい雨が降ったなぁ、どしゃ降りやったぞ…」
「お前の首飾りええやないか、俺にくれ」

ただ話したいことだけ話す耳がほとんど聞こえないぢい
やっぱり愛しいぢいちゃん、健在でした
           ぢい トメオ 大正5年生まれ

その後、父の病院に…
私 「あっ、6時だっ、ちびまる子ちゃん見る?」
父 『うん、うん』 と笑みを浮かべ うなづく

笑いあり 涙ありの ちびまる子ちゃん
まるちゃんの父の名前が 自分と同じであり
酒飲みなところや性格が似ていることを 私の父ヒロシは知っている(笑)

帰り道の車中から眺める 月
美しすぎて息をのむ…。 ふと、救われている気がした
…方角
私はいつも太陽に激励され、月に癒されてる
強くならなくちゃ 

さらば 甘えん坊!
[PR]
# by cocchiy | 2007-10-28 22:45 | 家族のコト

パッチギ!

争いはなぜ起こるのか 考えなければならない

人種が違うことに争いの理由はない
大切な人を守るためであり 
幸せや平和を求めるがゆえに 争いは起きるのかもしれない

今から50年前に 実際起きていた
在日朝鮮人と日本人との 関係を知った

強い信念を持ち 自分を信じ 行動した
ひとりの愛の力で 何人もの心を動かした

差別のない世の中を 望み
自分自身の中に 差別が存在しませんように


★★★☆☆
[PR]
# by cocchiy | 2007-10-27 23:58 | 映画・音楽など

ファンタくん

d0033360_0372717.jpg

懐かしい“ファンタ”のロゴ
こないだ、岩村を歩いた時に出会った

ファンタ…と言えば思い出す 高校3年生 3月 バスケ部男女卒業旅行 
確か長野県の 戸狩というスキー場だったと思う

2泊3日のスキー旅行
スキーの話はまた今度

1泊目は 女子が宴会を開き
2泊目は 男子が宴会を開いていた
仲が悪かったわけじゃないけど 別々に開いた宴会

その2泊目の 夜
男子の部屋が 異様に盛り上がってる
もちろん 酔っ払ってもいたけど その中の一人 ツトムくんが変

ツトムくん、ファンタグレープのビンを持っていて
なぜか その口に 指を突っ込んだ
すっぽり入った ツトムくんの指は 案の定 抜けなくなった
酔っ払ってるから 上機嫌
人差し指のはまった ファンタのビンに “ファンタくん”と名前をつけ
「どんな時も 一緒だ」って話しかけてる始末
「よし、ファンタくん、トイレに行こう!」さぞかししにくかったのではないか…

「ファンタくん?ファンタくん、えーっとファンタくん、ファンタくん僕の友達」って
よいよいで マジメにファンタくんと向き合う ツトムくん
なぜか 好感度が上がった気がする

いつ彼の人差し指が 自由になったのか覚えてないけど、
かなり 笑わせてもらったなぁ

さてさて、今もファンタくんに ビンバージョンはあるのでしょうか?
[PR]
# by cocchiy | 2007-10-25 23:58 | あの頃は・・・

とてもいい日②

マツタケを堪能した後は 城下町である岩村町を訪れました

独特の家やお店のつくりに ほぉ~ほぉ~言いながら歩きました
女城主で知られるこの町の 家やお店一軒一軒には のれんがかけられていて
そののれんの左下に 女性の名前が書かれていた
表札を見てみると そのお宅の奥さんの名前だった
きっと 今もなお 女性がこの町を守っているのでしょう

d0033360_2355464.jpg

岩村城の城跡は あまり人の手が加えられておらず ステキな場所でした
もう少し 秋が深まると きっと見事な紅葉になると 思います
d0033360_2310123.jpg

d0033360_23101798.jpg

d0033360_23104989.jpg

先を急がない のんびりした時間が 穏やかに流れている そんな気がしました

最後に寄ったサービスエリアにねこちゃん 発見!
旅を締めくくる 一枚となりました
d0033360_23124428.jpg


今回の 日帰り旅を企画してくれた ダンナさんのご両親
仕事も 毎日の生活からも 少し離れて 気持ちを軽くさせてくれた
マツタケみたいに高価なご馳走と 他愛もない会話と
充分すぎるほどの優しさを ありがとうございました。
[PR]
# by cocchiy | 2007-10-20 23:59 | 日記