<   2007年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

シンプル

優しくしたくて 手を握り
幸せを感じ 笑顔になり
感謝が溢れ 涙する
大好きだから大好きだと 伝える
ただ おもしろくて 笑い出す

とても簡単なようで
照れくさかったり
相手の反応を 気にしたりなんかして
「自分らしくないっ」なんて言ってごまかしてる
本当の自分を隠すことを続けてる

自分が作り上げた枠を取り除き
自分を 心を 自由にしてあげよう
 
今まで 見えなかったことが 見えてくる
[PR]
by cocchiy | 2007-09-30 23:54 | 思うこと

長浜

私に合わせて ダンナさんが 休みを取ってくれた
遠出するなんて 久しぶり

私の大好きな長浜、黒壁スクエアへと 向かった
長浜ガラスって色遣いがとても柔らかくてキレイ なのに 力強さも感じます
d0033360_23311865.jpg

何も買わなくたって見てるだけで ココロ満たされる

だけど、買っちゃった
最近二人ともがハマってる 週一の晩酌用の グラス
ダンナさんはビールで 私は焼酎… でも同じグラス

それとダンナさんの友達夫婦二組の新居祝いにハートの形の一輪挿し
我が家にもおそろいのを 買っちゃった

平日で人も少なく、のんび~り、ゆっく~り長浜を歩きました

帰り道、ダンナさんが「ほらっ」「ほらっ」てコスモスや彼岸花の群衆を教えてくれる
前も後ろも走ってる車なし 人影もなし …の山道
窓を全開にして すぅ~って深呼吸
思い切り風を受けながら 森に向かって最強の声を張り上げる
「お~いっ」
「お~いっ」
「お~いっ」
「トトロ~っ」
いろんなストレス解消法があるけれど
大声を出すことで ホントにスッキリ
迷惑顔の ダンナさん

西側の空が赤くなってきた頃 大きく白くはっきりと現れたお月さん
そっか、中秋の名月

今日一日で かなり充電できました
ありがとう、ダンナさん
[PR]
by cocchiy | 2007-09-26 23:39 | 日記

ハイテンション

年に 数回の電話
年に 一度会うか会わないか

だけど…話すだけで
テンション上がりまくり

何でだろう
いつも そうだ

つられてガハハと笑えば
滅入ったキモチ どっかに飛んでった

また今度 ゆっくり うちに お越しください
[PR]
by cocchiy | 2007-09-24 23:55 | 日記

手紙

父が倒れて 生活がガラリと変わって 
張り詰めていた糸が切れそうになっていた5月

私の支えは 友達からの励ましと 春という季節だった

そんなある日 手紙が届いた

彼女が過ごした休日のことを綴った 手紙だった

新緑が 柔らかくて 甘そうだということ
家の窓に“柊とイワシの頭”がくっついてて驚いたこと
民家の横を流れる小川の水が澄んでいたこと

彼女が 歩いた風景を 私も楽しむことができた

辛いこと 苦しいことには 一切触れず
穏やかで 温かかった 彼女の一日を分けてくれた

こんな手紙をもらったのは 初めてでした
また 落ち着いたら 手紙を書きます
[PR]
by cocchiy | 2007-09-23 23:36 | 思うこと

職業

私の会社は サービス(販売)業 そして私は事務員
時折 現場に出させてもらって お手伝いをする

お客様の 笑顔と “ありがとう”の言葉が 本当に嬉しい

人と人が 関わる仕事ができて 良かったと思う
お客様を通して そう感じたことで 一緒に働く方々との
人間関係は より一層 大切だと 感じる今日この頃

職場で 笑顔になれない環境にあるとしたら
お客様に 本当の感動を与えることなんて 無理だもの

自分のあり方を もう一度 見直そうと思います
[PR]
by cocchiy | 2007-09-20 23:39 | 自分のコト

尾崎 豊

この夏 NHKで特集していた 尾崎 豊
録画していたのを やっと観ることができた

尾崎豊の名曲のほとんどは
彼が15歳までに 書いたものだそうだ
尾崎の世界観は 決して 計り知れない

リハーサルから 手を抜くことをせず ずっと全力疾走
ステージは 彼が最も生きていることを 感じられる場所なのだろうか

尾崎が作るステージからは
心の底からと言うより 魂からの叫びに近い 響いてくる
出会った人の多くが 言葉にできない 感動を受けるのも分かる

彼の歌う ラブソングも社会中傷も 全てが”生きること“
そして 世界の平和を 心から願っていたであろう

よくやく 尾崎豊の生きた世界を ほんの少し垣間見れた気がした
[PR]
by cocchiy | 2007-09-18 23:43 | 映画・音楽など

敬老の日

私が結婚するまでは
ずっと同居していた実家の祖父母に 夫婦湯飲みをプレゼント

もう一人のおばあちゃんは老人ホームに入ってから もう二年になる

そのホームに行って祖母の部屋に向かう途中、
短気な祖母の声が後ろから聞こえた 「おばあちゃんだ!」
せっかちな祖母が引く乳母車(だっけ?)が 前の人に当たって進めない

目がほとんど見えない祖母に
「おばあちゃん、私だよ」って声を掛けると 顔がほころんだ
大好きなおばあちゃん

  一人部屋の棚にあったお菓子を半分個 「さぁ お食べ」
  ペットボトルのお茶は ラッパ飲みで まわし飲み
  コーヒーよりビールが好きで
  硬いものだって食べれる 88歳の祖母
  腕時計は お出かけ用の靴の箱に保管し
  いつもは 枕の下にあるって教えてくれた
  私があげた お年玉をついに使ってしまったと嬉しそうに報告

  私に赤ちゃんが授かることを 誰より楽しみに待ち
  いつでも励ましをくれる
  もう遅いから帰れと言ってからも また別の話が始まる

  「おばあちゃんはな、な~んにもいらんから、体ひとつで来たらいい」
  欲しい物を尋ねる私にそう答え、
  アンタは随分会いに来てくれなかったと 少しスネる
  
  体に気をつけてな
  運転気をつけてな
  またいつでも来ておくれ
  おばあちゃん、待っとるでね

  おばあちゃん、ありがとうね
  また いっぱいおしゃべりしようね
  どうか、どうか長生きしてください
  
[PR]
by cocchiy | 2007-09-17 23:58 | 日記

フォ~リンLove

あれは 高校一年生 九月のこと

私は教室の窓際で 友達とおしゃべりしていた

他のクラスの男子が 数名入ってきた
10クラスあった中でも 目立っているグループだった

その中の一人

教室に入って来て  ドキッ!
目が合うと そのままそらしてくれない

cocchiy そのままフォ~リンLove
一目で彼に フォ~リンLove

そののち めでたく互いにフォ~リンLove
[PR]
by cocchiy | 2007-09-16 22:03 | あの頃は・・・

私は私

綺麗になりたい
強くなりたい
優しくなりたい
おおらかになりたい
朗らかになりたい
たくましくなりたい
穏やかになりたい
しなやかになりたい
おもしろくなりたい
素直になりたい

なりたい、なりたい

頭が良くなりたい
スタイルが良くなりたい
目がパッチリになりたい
話が上手になりたい
センスが良くなりたい
デキル女になりたい

なりたい、なりたい
[PR]
by cocchiy | 2007-09-13 23:53 | 思うこと

竹馬の友

今日は午前中から父の病院に行き、二時に母と交代
久しぶりに 友達とお茶する約束をした

待ち合わせ場所は 海が見渡せるカフェ

ここにして正解だった
向き合って座るより 視線の先が海の方が より自然体でいられる気がした
彼女とは 小中高とずっと一緒、ずっと同じバスケ部
幼い頃から 今に至るまでの私を知ってくれてる 竹馬の友アミ

お互いの近況報告から 昔話まで 何気ない会話が心地よい
「実は 高校のころこうだったんだ~」
トラウマ話に花が咲く
今だから話せることもあるし、頻繁に会えないから話せることもある

だけど…私しゃべり過ぎた?いっぱい話を聞いてもらった
おかげですっきりしてるわっ アリガトネ

今度はもっとアミの話を聞くからね
また海の見渡せるカフェで待ち合わせしようね

いつか 犬を飼って ドックカフェに行くことが 夢だというアミ
ぜったい ぜったい 叶いますように…
[PR]
by cocchiy | 2007-09-10 23:19 | 日記