<   2007年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

父の転院

今日、父がリハビリ専門の病院に転院した
3月末に 脳出血で倒れてから 1ヶ月と10日が経っている

父が私にとって これほどまでに偉大な存在で 愛しい人だとは
恥ずかしながら 今回初めて知った
どれほど 父に触れていても 足りることがなかった

転院先の病院 厳しいリハビリで有名
そこで 母と姉が受けた父の状況説明は 本当にショックな内容だった
書くことができない

今後 詳しく検査をし 判断されるらしい

不安な気持ちを消してしまいたい
千羽鶴を折る手が ハイスピードになった
[PR]
by cocchiy | 2007-05-10 00:47 | 日記

言葉にできない

感情を 自分が認識する前に 涙が溢れた
彼女から 伝わってくる思いや 優しさが私の中で充満し 溢れた
こんな気持ちは 溢れても 溢れても まだいっぱいに 満たされている

ずっと ずっと 心の中にこの気持ち 持ち続けていたい

この気持ち 言葉にできない 

この1ヶ月 私はたくさんの人に支えてもらった
言葉にできないけど そう感じることができた
だから 毎日 笑顔でいることができたんだ

本当に 本当に ありがとう ありがとう
[PR]
by cocchiy | 2007-05-09 00:20 | 思うこと

自己中

今日は 10時過ぎから17時頃まで 父のそばにいた
私は とても嬉しかった
時間は あっというまに過ぎ 4時過ぎに姉が来て交替
その時 姉は私の顔を見もせず 父とリハビリを始めた

私の 心の糸が切れてしまった
自己主張の強い私は 存在が消えてしまいそうなくらい
孤独な気がしていた
仕事と家庭があるからと 気にかけてもらってることを
勝手に“蚊帳の外”扱いされていると 被害妄想
卑屈で 小さくて ガキで 自分勝手・・・ 
分かってる でも とにかく “私”を 分かってて欲しかった

父が入院してから 姉とも母ともちゃんと会話してない
私が病室にいる時間は いつも自分の都合のいい時だけで
父のことを よく知っている姉に 嫉妬していたのかもしれない

すべて お見通しのような口ぶりで話す姉が キライ
でも 私はこの人に ちゃんと見ていて欲しいと思ってる
「アンタが どれだけお父さんのそばにいたいかなんて 分かってる」
初めて 面と面向かって ポロポロと泣いた
しかも 父の目の前で・・・ 

でも 必死に冷静を保たせながら姉が話してくれるうちに
私の頭の中が クリアになってきて
「頭の中がクリアになってきた。私、姉ちゃんと話したかったの」
姉の言葉が ちゃんと心に響いて 素直になれた
「アンタ、めんどくさい」ってバカにするけど
めんどくさくて悪いと思うけど これでいいとも思ってる
人間の感情って シンプルなときもあれば 複雑な時もあるし
めんどくさくても 放り投げられなかったって安心感が残るから・・・

お父さん、ごめんね。
 笑顔で 病室を出ることができて良かった
 前向きに言うと
 「こんなに娘たちに 愛されてるんだから 頑張らなくちゃね」

 32歳にして 極めて自己中心的 次女・・・困った妹です。
[PR]
by cocchiy | 2007-05-06 22:41 | 日記

共感

姉は言う
「“アナタの キモチ分かる”なんて 簡単に言わないで」

私は
「アナタの キモチ分かる」って言われたら 嬉しいって思う
だって そう言ってくれる人は 自分を私に重ねてくれたんだから

でも 姉の気持ちも 分かる気がする
私は 姉の気持ち 分かっちゃいないのだから・・・

姉は とても 言葉に 厳しい
[PR]
by cocchiy | 2007-05-06 22:35 | 家族のコト

尾崎 豊

先月末に NHKで特集してた
録画してたのを やっと見ることができた
“尾崎 豊”の15年目の Ⅰ LOVE YOU
オザキがいなくなって 15年も経つんだね
10代の頃の曲ばかりだったけど 
私は20代になってからのオザキも とてもいいと思う

張り裂けそうな声で歌っても ステージの端から端まで動き回っても
ギターも ハーモニカも ピアノも どんなに一生懸命しても
あんなに全身全霊をかけて 汗でずぶぬれになっても
オザキの内側にあるものを 全て表現できるわけじゃないんだ

その無限大のパワーを 私たちは分けてもらってるんだね

どういうところが好きってわけじゃない ただ好き
中2の時に 夜のヒットスタジオで歌う彼にくぎづけになった
復活後 初めてのテレビ出演だったと思う
というか、それまでにテレビに出たことがあったかどうかも知らないけど
すごく 個性的で 独自の世界を持ってる気がした

その時から ずっと聴くたび 映像を見るたび くぎづけになる
泣いてしまうこともある

いつも 高校のときに行ったライブを思い出す

あの時の エキサイトした感覚は いまだに超えることはない
あれほど熱狂することも あれから経験してない

ずっと彼を好きな人も 亡くなってから好きになった人も
最近知って好きになった人も きっと不思議に思う
彼は 色褪せることがない
[PR]
by cocchiy | 2007-05-04 22:39 | 自分のコト

病院で会う人

父が入院してから 1ヶ月が過ぎた
この辺りでは一番大きな病院だし、地元だからか、いろんな人に会った

親友の母親
親友のツキ子は1年前の出産後から体調を崩し、今も病と闘っている
その彼女の父親が 癌の手術を受ける
そばにいられないことを 苦にしてたツキ子
彼女の母親は 私の父のことを話すと 
「前向きにね、少しでも良くなってもらわなくちゃね」と微笑む
手を握り合い 励ましあった

中2の時の担任
すれ違いざまに 先生に気づき 思わず声をかけた
旧姓を名乗ると すぐに思い出してくれて 手を握り合って懐かしんだ
数日後 また先生に会った
前よりも 長く話すことができたし 今教頭先生をされてることを知り
また 手を握り合って 「先生、すご~い!」・・・しぃ~
「先生、私ここで先生に会えて 嬉しかったよ」
「私も 嬉しかったよ」

以前職場に出入りしていた業者のおっちゃん
エレベーターが途中の階に止まり 開いたドアの前に彼がいた
胸の辺りから 腹部へと続くであろう大きな傷跡が見えた
またもや 思わず降りて 話しこんでしまった
心臓の手術は成功し、回復に向かってるって。。。ほっ
熊みたいに 大きなおっちゃん 変わらない“なまり”が いいね。

バスケ友達のマル
出口付近の ロビーでぼんやりマルらしい人がいたから 近づいた
最近はちょっと会ってなかったマル やっぱりマルだ
妊娠8ヶ月になってた 「えっ?これで8ヶ月?大きくない?」
大きなおなかを なでなでしながら話す
何だ、会わずにいたけど 話したいこといっぱいある感じじゃん
「また来月くらいに 会いに行くね~」

デパートで 道で 駅で いろんな場所で ばったり会う
病院で会う人は
他の場所で会うよりも 足を止め ほんの少しの会話でも 交わしたくなる
そして 触れたくなる
[PR]
by cocchiy | 2007-05-03 00:47 | 日記

誤解

今日は 病院に行くと ちょうどリハビリの最中だった
姉と私と母と 三人が励ます
まずは ウォーミングアップ そして 立ち上がり 車椅子に
「ずいぶん しっかりしてきましたよ。いいですね~」
リハビリの先生の一言一言が嬉しい

「明日は私が10時から昼過ぎまで居るから ゆっくりしてて」
午前中 来る予定だった姉にそう言うと
「じゃぁ、お弁当作ってくるね」と姉
「ううん、ゆっくり昼過ぎに来ていいよ」と私

姉が帰った後に 母に愚痴る
私は、私だって手伝いたいって気持ちで言ったから
何だか姉のおせっかいが イヤだった
「姉ちゃん、私じゃ無理だとか思ってんの?
 結局、早く病院に来たいんじゃない?」

母・・・「アンタに 弁当作ってあげたいの。あの子は」

毎日、毎日、病院に来て長い時間を過ごす姉
自分本位で 勝手な妹を 許してね・・・
[PR]
by cocchiy | 2007-05-03 00:26 | 日記

ゴールデンウィーク

月末は7日間出勤で 超ハードだった

父の病院に寄れなかったり 自分を責めたりで ダークな気持ち

でも、今日から7日間は GW休日!
午前中に家事を済まし 午後にまずは実家に。。。
体調崩している祖母を見舞い 祖父とおしゃべりして
愛犬クララと熱い抱擁をかわし 父の病院へ

着いたのは3時頃だった
父と二人、何してたんだろう。。。3時間があっと言う間に過ぎた
「お父さん、何色が好き?赤?黄色?」・・・何か言おうとしてる
・・・『アオ』 
「青だね!空の青?水の青?どっちとも?」・・・どっちとも好きなんだって
麻痺してる右半身をさすって欲しい仕草?左手で右肩を指してる
右肩をゆっくりマッサージする
今度は右足を指差した
膝の裏をマッサージしたとき 「分かる?」・・・『うん』
感覚が戻ってきてるんだね かすかに感じる私の手
口内のリハビリの時間
脱脂綿棒に氷水を含ませ 水を“ゴクン”とする練習
喉の奥まで 綿棒をつっこんでも “オエっ”てならない
口内の感覚も弱くなってしまった
明日はコーヒーで“ゴクン”の練習するんだって 口から飲むのは嬉しいね

父の少しの回復も 見逃したくない
今月の9日には リハビリ専門の病院に転院することが決まった 
仕事場とは 全く逆方向 会いに行けるのは 週に1回くらいになるから
毎日会えるのは ゴールデンウィークだけだ 
いっぱい話して いっぱい触れて いっぱい笑おう お父さん。
[PR]
by cocchiy | 2007-05-02 01:01 | 日記