<   2005年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

好きな音楽


ビートルズ
     
カーペンターズ

尾崎 豊

マドンナ

シェリル・クロウ

ミニー・リパートン

オールディズ    とか

                 ザ・ローズ

                 イマジン
                 
                 イン・マイ・ライフ

                 サーフィンUSA

                 ヘイ・ジュード   とか
 

その他こだわりなく、いいって感じた音楽

音楽は私の元気のミナモト。朝のラジオは欠かせない。



人気blogランキングへ




                      
[PR]
by cocchiy | 2005-08-28 22:17 | 自分のコト

命日

昨日、21年前に亡くなったクラスメイトの命日だった。
11歳で天国に行ってしまった彼は、私たちの中で生き続ける。

毎年命日である8月27日には、彼と彼の母親に会いに行く。

おばさんは8月27日を「私にとって七夕さんのような日」と言う。

1年に1度のこの日を楽しみに待っていてくれる。
毎年何名かのクラスメイトと担任だった先生が集まる。
出前のうなぎをご馳走になりながら、それぞれに近況報告が始まる。

集まったクラスメイトの中にパパやママになった者もいる。
おばさんにとって私たちに授かった子供たちは“孫”のような存在らしい。

振り返ると21年間、この日に必ず彼と彼のおばさんに会いに行った。
ただただ、決めゴトのようにこの日に会いに行った。
どこかで、彼のため、おばさんのためだと思っていたのかもしれない。

いつの間にか、おばさんは私にとって重要な女性となり、
彼女のような女性になりたいと尊敬するようになっていた。
いつも笑顔で迎えてくれるおばさんに感謝の気持ちでいっぱい。

これから先もずっと元気でいて欲しい。いつも笑顔で迎えて欲しい。

そして11年間という彼の生涯は、今までの私の人生に大きな影響を与えてくれた。
彼に感謝している。ありがとう。

今度、先生が手料理食べさせてくれるんだって。
「スペアリブのアップルジュース煮」だって。
楽しみに連絡を待とう。
[PR]
by cocchiy | 2005-08-28 17:08 | 日記

試練


今流れる涙は きっと誰かの気持ちを分かつため

今感じる痛みは きっと誰かの痛みを癒すため

今味わう挫折感は きっと私自身の生き方を諭すため

今乗り越えようとする試練は きっとあの罪を償うため


  今感じるすべての感情には きっと意味がある

  投げ出さない 逃げ出さない 

  少しずつでいいから前に進もう



人気blogランキングへ
[PR]
by cocchiy | 2005-08-22 16:15 | 思うこと

幸せに思うとき


ラジオから好きな音楽が流れたとき

ホワイトチョコレートをゆっく~り食べれたとき

ドラマに没頭できたとき

高級なお店で美味しい食事ができたとき

自分にぴったりの洋服を買えたとき

愛犬、クララと過ごすとき

姪っ子とのハグ

家族揃って 団欒のひととき

誰かを喜ばせる何かがひらめいたとき

相手の喜ぶ顔が見れたとき

いい写真を見たとき

いい写真が撮れたとき



人気blogランキングへ
[PR]
by cocchiy | 2005-08-22 15:53 | 自分のコト

回り寿司での出来事

昨日、回り(回転)寿司に行った。
一皿100円のところに行った。
だいたい、いつも食べるものは決まっている。
ネギトロ・サーモン・ウニ・カニミソ・エンガワ・貝サラダ・白魚・・・

そして生エビ・・・。

中盤で生エビを注文した。

係りの人がやってきて、「仕込みで20分ほどお時間かかりますが・・・」

もちろん「待ってますので、お願いします」と答えた。

20分くらい待って、また別の係りの人がやってきて、

「生エビなんですが仕込みで20分ほどお時間かかりますが・・・」

・・・?  むむむ?

いろいろ質問してみたけど、「仕込が・・・仕込が・・・」ばっか。

「20分くらい前にも同じコトを言われて今待ってるんだけど、
さらに20分待てば食べれるの?それとも出せないの?」
ってちょっと鼻息荒くなりながら聞いてみた。

「出せません」って答えちゃったよ・・・その係りの人;

だ~いぶ鼻息荒くなりながら「ぢゃーーー結構です!」て言ってやった。

ちょっと係りの若い女の子はかわいそうだったけど、
生エビ楽しみに待ってた私はもっとかわいそう・・・と思いながら
腹満ぷくになって、家に帰りました。生エビ~~~
[PR]
by cocchiy | 2005-08-17 23:59 | 日記

05旅行は沖縄!

沖縄2泊3日 ダンナさんと行く本島レンタカーの旅。

昨日、とうとう旅行会社に申し込んできた。

9月の末までよぉく計画立てないと・・・

琉球ガラスと海ぶどうがCocchiyの目的。

ダンナさんはカヤックとスノーケリング。

スケジュールも早く決めてしまいたい!

Cocchiyは即決定・・・のち後悔の人。

ダンナさんはじっくり吟味・・・のち後悔なしの人。

私はだまってついて行くとしましょう。


今年は旅行三昧。

社員旅行で初めての神戸・大阪。親友と初バリ。ダンナさんと初沖縄。

ちょっと最高かも♪
[PR]
by cocchiy | 2005-08-16 23:50 | 日記

好物

映画館で映画を観ながら食べるポップコーン
 →Sサイズを必ず一人で食べきる

通りもん(博多菓子・・・洋風しっとり系バニラエッセンス入りなごやん)
 →九州に行くと聞くたびに土産はコレと頼む

マクドナルドのポテト(Mサイズ)
 →会社帰りにドライブスルーで単品買い。食べ食べ帰る

カルビーのポテトチップス塩味
 →昔からスナック菓子は塩味に決まっている。朝からでも食べれる。

回り寿司
 →何食べるか迷ったら、ココ。“回転”ではなく“回り”と言う

うまい棒野菜サラダ味
 →昔から駄菓子と言えばコレ。まとめ買いして一気に食べる

塩で食べる天ぷら
 →天つゆは邪道。特にえびときす(魚)の天ぷらが大好き。

みんなでいる時に飲むお酒
 →基本的に一人では飲まない・・・が飲む時ははじけやすい。

彼の実家で食べる焼肉
 →夏になると彼の実家の庭でBBQ。夜風も最高

私の実家で食べるカニ
 →大晦日に家族全員で宴会。年に一度の高級カニ。

レバ刺し
 →一度食べてから病みつき。急に食べたくなる。

辛口カレー
 →ダンナさんが甘口希望。おいしいカレー屋さんがあれば教えて欲しい。

ネギトロ
 →夕飯のメニューに困るとネギトロ登場。丼&手巻きなど。

アボガド
 →刺身醤油にわさびでもOK。サラダでもOK。美肌効果抜群。



人気blogランキングへ
[PR]
by cocchiy | 2005-08-16 23:31 | 自分のコト

2度目の愛・地球博

8月13日(土)

メンバー:父と母と姪っ子(小6)と私。

午後5時から終了時刻午後10時までの5時間。

心地よい風あり。予想通りの混み具合。


でも皆さん、終了時刻午後10時ギリギリまで楽しむんだ。

9時も過ぎると少しは動きやすくなると思ってたのは大きな誤算。

最終のバスに乗り込むにも、長蛇の列。

結局、9時を過ぎると外国館もレストランも閉め出すし、

最終に何か食べたかった私たちは腹ペコのまま地球博を後にした。


電力館ワンダーランド:行って損なし。並んで損なし。カンドーあり。

JR 3Dシアター:3Dメガネをかけたまま寝てしまいました。
           初めだけスゴイ!と思いました。

外国館インド:好き。楽しい。独特の香の匂いあり。土産物屋◎!


あと一回行きたい!

外国館、アメリカの方だけまわれてない。


愛・地球博って、“愛”がつくだけあって家族が仲良しになるんだ。
[PR]
by cocchiy | 2005-08-16 01:18 | 日記

ライフ・イズ・ビューティフル

友達に勧められて観た。

  悲惨で最悪な背景に対し、

  その状況で生きる主人公が幸せで愛情たっぷりでユーモアもたっぷりで

  眩しく思えた。

  ユダヤ人強制収容、迫害の事実を改めて痛感した。

  人間の歴史には、理不尽なことが多くあり、

  その歴史を…現実を腹立たしく、憎く想う。

  主人公とその妻と一人息子、罪のない家族の物語。

  
  映画の最後は、

  悲しいというよりもまた違う意味での涙がこぼれた。



  きっと私にとって忘れらない一本になるだろう。

 
      ★★★★☆



人気blogランキングへ
[PR]
by cocchiy | 2005-08-16 00:56 | 映画・音楽など

意味


同い年のいとこが死んでから 
ずっとその事実を受け止められずにいた

あまりに突然すぎて信じることができなかった

その夏彼は27歳の誕生日を迎えることができなかった

あの夏から 4年が過ぎた

私はその年の秋に結婚した
お祝いに駆けつけるからと約束してくれたのにな
花嫁姿、見て欲しかった
彼の両親であり、私の叔父・叔母あたる二人の笑顔が忘れられない
まだ、きっと彼の突然の死の悲しみの中にいたはず


彼がいなくなり、ようやく気がついた

誰もがいつ終えるか分からない今を生きているということに

彼にはやり残したことがいくつあっただろう

彼には伝えたい言葉がいくつあっただろう

今日という二度とない一日を 素直に 生きなさい
と彼は言っている気がする

嘘もつまらない意地もいらない
大切に想う人たちを 今、大事に大事にしてください
と託された気がする

そう心に刻んでから、私の人生がこれまでと違うように思えた


そんなふうに彼の死の意味を自分勝手に見いだし
やっと彼の死を受け止めることができたように思う 
[PR]
by cocchiy | 2005-08-12 10:59 | 思うこと