カテゴリ:あの頃は・・・( 45 )

大丈夫

小学校 4年生2組
クラスは教壇に向かって垂直に 6ブロックに分かれて位置していた
私は6班をまとめる班長をしていて 
班員の中に 難しい心臓の病気を持つ“やっくん”がいた
もちろん、班ではやっくんを守る取り組みをしていた

私は小学4年生になった頃、仲の良かった友達をいじめていた
そのいじめが発覚し問題になり、いじめについての学級会が行われた。。。
私がいじめてた子が 自分がされたことを作文にして 読み上げた
泣き泣き、一生懸命 読み上げた

彼女をとても傷つけてしまったことを やっと痛感した私は泣いた

班は向かい合わせになっていて、泣く私の姿に 少しざわついた
そのとき やっくんはこう言った“cocchiyは…ダイジョブだ”
まっすぐに私を見て 言ってくれた
ずっと、この時のことが忘れられず、焼きついていた

よく分からないけれど 私は本当の意味で救われた
甘やかすために言ってくれた言葉でもなく
励ますために言ってくれた言葉でもなく
「もう、cocchiyは二度と同じことはしないよ」
って、信じてくれていた気がする

やっくんは その年の8月 亡くなった
心臓の大きな手術に成功して、元気な心臓を手にいれたのに…

あれから20年以上の 年月が流れた
やっくんが残してくれたものは 限りなく大きく 今も支えられている
あの時の “ダイジョウブ”という言葉くれた やっくん

本当に ありがとう。
[PR]
by cocchiy | 2007-12-22 23:23 | あの頃は・・・

みかん狩り

入社した年の秋 今から14.5年前の秋のこと
同期入社のみんなと一緒に向かった先は みかん狩り
男子が20人くらいと 女子6人くらいで
バスを一台貸し切って ワイワイガヤガヤ 笑い転げる
着いたら着いたで テンション上がりまくって 大暴れ…

私が持ってた黒の大きなバッグを 空にさせ
もぎったみかんを 詰める 詰める 詰める…
もちろん ホントは持ち帰り用のバスケットに詰め放題
って私のバッグに詰め放題?…なのだ
男子はボディガードのように 私を囲み出入り口ゲートを通り抜けた
バスに戻ると私のバックがみんなの元に回される
ってゆうか腐ったみかんは入れないでくださいよ…
何ともくだらないことが何より楽しかった

働く私にとっての同期は元気の源でありました

その存在は今も変わらず、くだらないことで笑っています
そして 励ましあえる存在でもあります
[PR]
by cocchiy | 2007-12-18 23:58 | あの頃は・・・

4年2組

小学4年生 4年2組 40人

6班あるグループの班長に それぞれ男女一人ずつが立候補する。
この12名の中にいじめっ子がいるであろう活発組

班長は クラスでもおとなしいか 問題のある子から一人ずつ選んでいく
おとなしい子は 積極的になるように…明るくなるように…
落ち着きがない子、、嘘をつく子、暴力を振るう子、病気を持つ子など
それぞれ班長中心に取り組む

人と人が 常に密着した関係の集団の中には
いいことをするにも 悪いことをするにも必ず軸となる人間が出てくる
班長を中心に取り組むことで 絆は深まる
リーダーは分散されているから 大きな力はひとつに集中することもなく
いじめの標的も分散され 各班長に守られることになる
取り組むことでさらにクラスの絆も深まり その軸は太く確実なものになる
必要のないクラスメイトは誰一人としていない

定期的に行われた集団遊びの会。
時には親も巻き込んで開催される集団遊びの会。

何冊にもなった文集。
時に親が読書感想文を書くこともあった。

太郎君の暴力をなくす会は 太郎君中心に全て進んでいく。
あの太郎君の満足そうな顔は忘れられず、
暴力は気をひくためのカムフラージュだったのかもしれないね。

やすくんの退院を祝う会。
心臓の大手術を終えて元気になったやすくんは
みんなにその傷跡を見せてくれた
大きな 大きな傷跡だった
頑張ったね、頑張ったね、すごいよね、やすくん。。。

イジメに対して、先生が割いてくれた時間の長さ。
ハンディキャップについての授業。
約束を破った時に 私を怒鳴りつけた先生の声。
大声で朗読した 「雨」という詩のことも、「嵐」という歌も、
今も私の中にある大事な宝物です

4年2組という あのクラスがなければ
あの先生に出会わなければ 今の私はないと思います。
時が経つほどに 大切に思う4年2組です。

出会えてよかった。ありがとう。
[PR]
by cocchiy | 2007-12-14 23:29 | あの頃は・・・

残したいもの

生きている 鳥たちが 生きて 飛び回る空を

あなたに 残しておいて やれるだろうか 

生きている 魚たちが 生きて 泳ぎ回る川を

あなたに 残しておいて やれるだろうか

生きている 子供たちが 生きて 走り回る土を

あなたに 残しておいて やれるだろうか

目を 閉じてごらんなさい リンドウの花があるでしょう

近づいてごらんなさい リンドウの香りがするでしょう



小学校4年生の時に 何度も何度も 歌った歌です
歌詞を違って 覚えているかも知れません
父親が歌う 子守唄のような記憶があります

実際 私が子供の頃 よく遊んだ 原っぱも 川も 畑も
なくなってしまった
[PR]
by cocchiy | 2007-11-10 23:53 | あの頃は・・・

ファンタくん

d0033360_0372717.jpg

懐かしい“ファンタ”のロゴ
こないだ、岩村を歩いた時に出会った

ファンタ…と言えば思い出す 高校3年生 3月 バスケ部男女卒業旅行 
確か長野県の 戸狩というスキー場だったと思う

2泊3日のスキー旅行
スキーの話はまた今度

1泊目は 女子が宴会を開き
2泊目は 男子が宴会を開いていた
仲が悪かったわけじゃないけど 別々に開いた宴会

その2泊目の 夜
男子の部屋が 異様に盛り上がってる
もちろん 酔っ払ってもいたけど その中の一人 ツトムくんが変

ツトムくん、ファンタグレープのビンを持っていて
なぜか その口に 指を突っ込んだ
すっぽり入った ツトムくんの指は 案の定 抜けなくなった
酔っ払ってるから 上機嫌
人差し指のはまった ファンタのビンに “ファンタくん”と名前をつけ
「どんな時も 一緒だ」って話しかけてる始末
「よし、ファンタくん、トイレに行こう!」さぞかししにくかったのではないか…

「ファンタくん?ファンタくん、えーっとファンタくん、ファンタくん僕の友達」って
よいよいで マジメにファンタくんと向き合う ツトムくん
なぜか 好感度が上がった気がする

いつ彼の人差し指が 自由になったのか覚えてないけど、
かなり 笑わせてもらったなぁ

さてさて、今もファンタくんに ビンバージョンはあるのでしょうか?
[PR]
by cocchiy | 2007-10-25 23:58 | あの頃は・・・

フォ~リンLove

あれは 高校一年生 九月のこと

私は教室の窓際で 友達とおしゃべりしていた

他のクラスの男子が 数名入ってきた
10クラスあった中でも 目立っているグループだった

その中の一人

教室に入って来て  ドキッ!
目が合うと そのままそらしてくれない

cocchiy そのままフォ~リンLove
一目で彼に フォ~リンLove

そののち めでたく互いにフォ~リンLove
[PR]
by cocchiy | 2007-09-16 22:03 | あの頃は・・・

小学校一年生 初めての登校
全校生徒200人 木造1階建ての古い小学校だった
 
二つ年上の姉が 心配して私のクラスを のぞきにきてくれた
ランドセルを背負ったまま 落ち着きがなくキョロキョロしてる 私
はっ 姉に気付いて飛んで行く
尋ねたこと 「ランドセルどこにしまうの?」
     姉  「みんなはどおしてるの?」  と聞き返す
     私  「ロッカーにしまってるよ!」 普通に答える
     姉  「………ぢゃ、ロッカーにしまったら?(溜息~)」

「笛貸して!」「ピアニカ貸して!」「あれ貸して!」「これ貸して!」
度々姉のクラスに現れる妹だった
姉が一番困ったのは
授業参観の前に血相変えて助けを求めに来た時のこと
「姉ちゃん、教科書貸して!」
…ガァ~ン
この子は、大丈夫だろうか(溜め息)…学年が違うではないか(゜o゜)
結局、姉が私の担任の先生から借りてくれた国語の教科書

当時、姉も小学三年生、まだまだ子供だというのに
よく面倒を見てくれました
だけど…  「姉ちゃん、あれ貸して!」は小中高と続くのだ…

姉がいると思うとついつい何があっても大丈夫という安心感がある
私は根っからの妹です
[PR]
by cocchiy | 2007-08-20 23:02 | あの頃は・・・

スカートめくり

あれは小学校4年生の頃…

ある時 しんちゃんによるスカートめくりが大流行した
どうやら嫌がる女子の反応が おもしろくて仕方ないらしい

しんちゃんがいないか キョロキョロ キョロキョロ
少しでも油断したら 「えい~っ」て しんちゃん現る

何とか止めさせなくちゃ!女子が立ち上がった!
みんなで 案を出し合い決まった施策…とは…?

女子が6、7人空き地に集まり しんちゃんを呼び出した
ズボン派の二人は 見張り番
スカート派の私たちは しんちゃんを前に一列に並んだ

…何が 始まるんだ?ってキョトン顔のしんちゃん

見張り番の合図と共に…
自分のスカートをまくり上げて しんちゃんにパンツ見せちゃった!

これは荒治療というか…よく小4が考えたもんだ
…でここまでは筋書きどおり、しんちゃんは目をマン丸くして硬直
ここからが 番狂わせな 出来事…

ばっとパンツを見せた瞬間、
野良犬が激しく吠えながら 私たちに向かって走って来る
とにかく逃げなくちゃ、大変!

私は 大急ぎで空き地のフェンスをよじ登り 振り返った
逃げ遅れたゆうちゃんが 悲鳴を上げながら
自分よりも背の高い塀に 手をかけて足でよじ登ろうとしてた

「早く!しんちゃんっ、助けて上げてよ~!!!」女子が叫ぶ

野良犬はゆうちゃんに向かって まだ吠え続けてる
しんちゃんは男だ 勇気があるね、近付いて野良犬を追い払った

その瞬間 我に帰った皆の者

壁によじ登ろうとしてたゆうちゃんは
足をかけてたせいで パンツ丸見え状態で動けなくなってる
その後で しんちゃんは黙ってその状況を見上げてる…
またもや硬直… 「こら~っ!しんちゃん!」
やっと女子が動き出した

あわや大惨事だったけれど
この事件以来しんちゃんは スカートめくりをやめた

久しぶりに思い出したけど やっぱり笑える
あの時 ゆうちゃんは手の平にマメができるほど必死だったし、
笑っちゃいけないんだけど… あの格好は笑えた
[PR]
by cocchiy | 2007-08-02 23:58 | あの頃は・・・

ハテナ

7.8年位前の話
私の誕生日に 自宅の郵便受けに 私宛の手紙

切手が貼ってない・・・中には
“誕生日おめでとう。住所は住宅地図で調べました。”
と書かれている
差出人 なし

ちょっとした 恐怖だ

次の年の誕生日にも 届いた
“誕生日おめでとう。”
内容は、忘れたけど 差出人は なし

来年が 恐い

次の年の誕生日
“誕生日おめでとう。当たるといいですね”
私の生年月日の ロトが同封されていた
差出人 なし

もう、誕生日ノイローゼになりそう

同じ会社で 同期で同い年 
誕生日が一日違いの彼女が 何気に話しているのを耳にした 
「あのロト、当たるといいな~♪」

彼女のもとには その年初めて届いたらしく 誰からかも知っていた
彼女には 本人から 「送りますね!」って話があったんだって

毎日 毎日 毎日 私と印刷物の話をしていた 印刷屋さん
少し薄毛の 中年のおじさん 

なんで?

毎年 何が楽しみで 差出人なしで バースデーカードを送ってくんの?
気味が悪いじゃん!

結局 避けながら うざうざに 時を過ごし
気味の悪いバースデーカードのことは 忘れ去り
昨日も 今日も 明日も 印刷物の話をしてる
[PR]
by cocchiy | 2007-07-15 23:48 | あの頃は・・・

ピンテープ

皆さんも経験はあるでしょうか…ピンテープ
つまり、ぎょう虫検査です

あれは 小学校四年の時のこと
その日 私は風邪か何かで 学校を休んでいた

近所に住むクラスメイトのアキラ君が わざわざ届けてくれたもの
ピンテープの再検査と ぎょう虫撃退の赤玉薬だった
透明のビニル袋に入ってたから 100%バレてる… げっっ

大好きな担任だけど バカバカバカバカ~
わざわざ持って来させなくてもい~ぢゃん
まったく 女心が分かってない タクマ先生!

結局 再検査は 赤玉薬のおかげで クリア
だけど、5、6年は ズルして 提出した
だって もし また ひっかかったら 凹むもん

さておき
…ぎょう虫って何だろう
…放っておいても大丈夫なのか
  
    急に不安になってきた今日この頃
[PR]
by cocchiy | 2007-07-02 23:41 | あの頃は・・・