2005年 11月 06日 ( 1 )

ALWAYS 三丁目の夕日

さっき、レイトショーで観てきました。

すごく泣いてしまった。今でも泣ける。


昭和33年 東京 

50年後もきっとこの夕日は変わらない

最後のこのコトバが印象的だった

多分、建設途中の東京タワーは完璧には程遠い『人』をイメージしているのかな。

そしてそのタワーを暖かな光で包み込むように照らす夕日は
完璧には程遠い私たちの中の温かさをイメージしているのかな。

街も環境も著しく変わり続ける。
時も流れ続ける

でも人は常に完璧にはほど遠い。

目に見えない暖かいキモチは変わらない。

それでいい。そんなのがいい。



キャストが最高。
昭和33年を創り出すCGに感動。
心に残る1本になりました。


     ★★★★★!



人気blogランキングへ
[PR]
by cocchiy | 2005-11-06 02:06 | 映画・音楽など