小学4年生

今から20年くらい前になる。
小学4年生だったあの頃、高さがばらばらに違う机で
授業を受けていたあの日のこと・・・。

先生は
背の高い女の子「はーちゃん」と
背の低い男の子「さーくん」の机を入れ替えようと言い出した。

もちろん、はーちゃんは身長の割りに低い机
      さーくんは身長の割りに高い机を使っていたからだ。

はーちゃんは泣いて嫌がった。
でも、決して理由は話さなかった。

私は席が近かったから、なぜ嫌がっているのか知っていた。

さーくんにはひとつ癖があった。
何気に鼻クソをほじっては机の裏側にねじりつけていたのだ。
絶対に机の裏側は見たくないが、相当ついていたに違いない。

結局、はーちゃんは理由を話せず、泣き泣き机を交替した。
幼心に自分がはーちゃんじゃなくてヨカッタと思いながら
はーちゃんを慰めたのを覚えている。


人気blogランキングへ
[PR]
by cocchiy | 2005-06-13 08:33 | あの頃は・・・
<< 高校2年 冬 存在 >>