おばあちゃん

お正月とお盆、必ず 祖母の元を訪れていた
伯父叔母従兄弟 20人以上が勢揃い

祖母と同居していた 父の兄が亡くなってから
ずっと 一人暮らしの祖母

辺りは自然そのもので  私たち従兄弟一同は
自然ならではの遊びが 仕事だった
川遊び、滝打たれ、追いかけっこ、ポコペン、
野いちごを食べたり 山へ探検に出かけたり
軽トラの荷台にのせてもらってぶっ飛ばしたり ひゃ~~ !!
笑い声が絶えなかった
大人の男は酒を飲んでは 昼寝が恒例で
おばあちゃんたち大人の女はいつも 次の食事の用意に追われ
私たちは ひたすら遊んでた

三時頃に 全員にお声がかかる
家の裏には 川が流れてて
そこで冷やしたスイカを 全員でいただくの
川に向かって 平行に一列に並んで食べる
食べ終わったスイカの皮を 
川の向こう側の竹藪に投げ捨てるのも 決まりごと
「あっ届かなかった~」  川にポチャン
「気にしない 気にしない」
ってゆうか、おばあちゃんは川に向かって投げてるし
楽しいから 調子に乗ってたくさん食べる♪

夕方になると パチパチと薪が燃える音が聞こえてくる
ちいちゃいおばあちゃんが ふぅ~ふぅ~って
火を熾してくれた 温かいごえもん風呂に入るの

そして 夜は満天の星空を眺め
川の流れる音を聞きながら おばあちゃんが干してくれた
ふかふかお布団で 眠る

御年90歳を迎えるおばあちゃん
体調を崩すまでは ずっとずっとこうして過ごしてた
おばあちゃんとのひと時だった

時々 おばあちゃんに会いに行くと
帰り際 「おばあちゃんは アンタが大好きやわ」
玄関で靴を履く私に向かって 後から…

昔は ほんの少し恐い存在でもあった おばあちゃん
…私も おばあちゃんが 大好きよ

また 会いに行くから まだまだ 元気でいてください
[PR]
by cocchiy | 2007-07-29 23:51 | 家族のコト
<< 天災 ピアノ >>