地震(18日目)

今日は 友達の結婚式だった
着物を着ていくって ずっと前から決めていて
結婚式場まで 父に送ってもらう約束になっていた
実家に行った時に書いた 約束のメモがまだ残っていた
今日も 父は病院にいて ベッドに横たわっている

母の着物を借りて 派手目の帯を締めてもらい バッチリOK
天気も良く、お似合いの2人で 大好きなカメラも調子がいい
大切な人の結婚式って 本当に幸せなキモチに包まれる
新婦から 両親に向けての手紙
5年前の自分の結婚式を思い出し つい 重ねる
私も両親への手紙を読み 今日の新婦と同じように泣いた 
あの空間がよみがえる
花束を母に手渡し 父のポケットに花を挿す
父の目からこぼれ落ちる大粒の涙・・・初めて見る父の涙だった
  鮮明によみがえる 私たちの結婚式のあのシーン

これは、もうダメだ・・・・・・ 人目はばからず 号泣
バッチリメイクも 台なしだわ お父さん。

着物姿のまま 病院に向かった
私を見た父の目が 少し大きくなり 笑った気がした
「父さん、私の着物姿分かる?」・・・『うん』
その後 すぐに左手を右左に動かした
母が「“今日の地震、大丈夫だったか?”って聞いてるよ」
父の病室は10階にあって 突き抜けるどーんっという衝撃の後
激しく揺れたらしい
地震のとき 私は結婚式の真っ最中で 大きなシャンデリアが揺れていた
実家も 姉のところも ダンナさんの実家も 自分んちも 無事で良かった

父さん、いつも家族のこと 考えてくれているんだね
ありがとうね。

眠りかけに 来てしまったから 少し反応が薄い
喉のガーゼを取り替えてもらう 痰を取ってもらう 口の洗浄
見ている こちらの顔が 痛い顔になっていた

お父さんに 毎日メッセージを送る姉
4月15日(日)晴れ “お父さん、大好き”
[PR]
by cocchiy | 2007-04-15 22:42 | 家族のコト
<< ほっておいた ツケ 薄情モノ(16日目) >>