元気がない (13日目)

仕事が終わり 父の病室に到着したのが 9時頃だった

「父さん、私、分かる?」 目は開いているけど 反応がない。
何度も何度も 呼んでみる
「・・・さては、無視して困らせてるな!父さん!」・・・『うん』

今日、会社で起きたことを 話すと時折 目を見開いた
今までも ホントはね、こうして今日の出来事聞いて欲しかったんだ
今日の父さん、やっぱり元気がないみたい
昨日 外せなかった口の機械のこと まだ落ち込んでる?

看護師さんが来て 口の洗浄をすることになり 私は病室を後にした

私が 帰るときの 合図
「ばいちゃ(古)」って言って 手を グー パー ってするの
こないだ約束してから 私が忘れてても そうして見送ってくれる

帰る道々 母に電話
今日は 10分間 ベッドで起き上がって 腰掛けてたよ
     (右側をリハビリ先生に支えられている)
喉に穴を開けて 呼吸を助ける手術できるか どうか
明日 検査があるらしい
口の機械は できるだけ早く 外してあげて欲しいね
でも、その手術すると 酸素が抜けて声になりにくいらしいよ
父にとって どの選択が望ましいのだろうね
[PR]
by cocchiy | 2007-04-10 23:43 | 家族のコト
<< 北風と太陽と“旅人” テンション ↓ (12日目) >>