少しずつ(8日目)

今日は、病室の父にまた変化があった

妙にベッドが乱れている
いかに 父が動こうと頑張っているかが分かる
話すこともできず 視力も弱く 右半身は動かず 左手も思うようには動かない
だけど 必死に動こうとする意志が 伝わってくる

来週になれば 口にはめられた機械が外される
毎日 少しずつ 回復へは向かっているんだ

春になれば たけのこを採りに山に出かけ 解禁の頃には鮎釣りに
季節を感じとると 必ず 旬のものを 食べさせてくれた父
おととし定年退職した父は 少し離れた場所に畑があるから 軽トラを購入
無農薬の畑でも 新鮮な野菜を 食卓に運んでくれた

まだ まだたくさんの チューブに繋がれている父
回復へ向かうほどに 目を背けたくなることにも 遭遇する
とても 現実的になる

「父さん、手 握っててもいい?落ち着くから」
母が病室を出て行くと 私は 照れずにそう言った ・・・・『うん』

父は 自分の胸を 人差し指で 指し 私の胸を 人差し指で 指した
「心と 心は 繋がってるってこと? 心と 心で 会話する?」
話せない父の 言いたいことを 勝手に解釈する

その後は 私を人差し指で 指し ドアの方向を 指差した
『帰れ』ってこと?・・・どうやら そうらしい。

お父さんなりに 気を使ってくれているんだね。

また 明日。。。
[PR]
by cocchiy | 2007-04-06 00:23 | 家族のコト
<< わがまま(9日目) 事実を知る(7日目) >>