子宝守り

私が結婚して 5年と4ヶ月
朗報を待ちわびてる 焦り気味の父から電話

父:「岐阜県の飛騨トンネルを掘って出た石な、
  子宝のご利益があるらしいぞ!新聞に出てた。行くか?」

1月中旬 向かった先は 白川郷
暖冬の影響で ノーマルタイヤでも 大丈夫

私:「…で、どこに売ってるの?」

飛騨トンネル付近のドライブインや道の駅に売ってるだろうってこと。

合掌造りの 家々が並ぶ 白川郷
一面がなめらかなで白い雪に包まれている

車を止めた前の店のオバちゃんに聞いてみた
「…そんな話、聞いたことないよ…ごめんね」

でもでも、ここまで連れて来てくれた父のキモチが嬉しいじゃない。
せっかくだから 楽しいでいこう~

二人とも初めての 白川郷 合掌造り
氷柱におおはしゃぎ、雪は触ってみなきゃ、写真撮ってよ
やっぱり この人とは親子だ やること似てる
会話も弾む
毎日のこと、仕事のこと、家族の話、不妊のこと
             …話したいことが素直に溢れてくる

一通り散歩して 昼食食べて 車に戻ると メモが貼り付けてある
さっきの店のオバちゃんだ
  ~お伝えしたいことがあるから 店に来てください~

知り合いの人に 飛騨トンネルの石のこと 尋ねてくれてた
「もし、その石が手に入ったら連絡してあげるからね・・・」

心があったまった ポカポカした

こないだ 私の携帯の留守電に 「石、手に入ったよ~」
今度の休日に 今度はダンナさんと 白川郷に行く

「こっちに来るんだね。じゃあ、それまで大事に持ってるからね」

あったかい。感謝の気持ちがこみ上げてくる。

繋がりを作ってくれたのは 父。
前よりも 素直になれた気がする 今日この頃。。。


 優しい気持ちになりました☆
[PR]
by cocchiy | 2007-03-02 23:48 | 家族のコト
<< 憧れの人 kacoの庭 >>