いぢわる

小学校1年生
隣の席の 山田クンのこと 大キライだった

ある日の工作の時間のこと
私は 彼の チューブ入りののりを お尻から
ハサミで 切り落とした

彼は すごく 困っていた

何てことを したのだろう


社会人になってから 偶然 彼に会うことがあった
向こうも 私の 変わった姓で気がつき 少し話した

彼は 忘れているかもしれない
私は はっきり 覚えている
今さらながら 申し訳なく ちゃんと 顔が見れなかった

小学校1年生の 私は とても いぢわるだった



ゴメンナサイ
[PR]
by cocchiy | 2006-12-25 23:46 | あの頃は・・・
<< 私は私 天使の歌声 >>