過去の話②

少しダークな内容かもしれないけど、
このブログは自分探しが目的で始めたモノ
今の自分があるのは 今までの人生があったからなのだから
人には話さなかった 過去の話 を 書いてみよう。
ってずいぶん前に 過去の話①を書いた・・・
過去の話②を書くまでにまでにずいぶん時間がかかった

いじめられたこと
小学校5年生くらいから中学1年までの3年間
定期的に無視されていた
ボスは2人いる
些細なことから 私への無視が始まり、みんなに伝染し ひとりぼっちになる

ターゲットは私とみつ子
私の番ではみつ子からも みつ子の番では私も彼女を無視した
そうするとその期間中は 安心できたから
私もみつ子も姿を消したことがあり
ボスたち必ず心配そうに探しまわった
無視していることは なぜか先生にはバレない
こんなことがあっても しばらくすれば また私の番はやってくる

中1になってみつ子と ボスのひとりと 同じクラスになった
みつ子と初めて いろいろと深く話した
一人より二人のほうが強くなれることを知った

ちゃんとあの頃を振り返ってみると 私がひとりぼっちの間
なんとなくそばに居てくれた子がいた
そう、あの子のおかげで私は 毎日学校に行けたんだ
私はあの子に救われた

そして中2のとき
無視について 真っ向から立ち向かう仲間ができた
彼女は自分は無視されていなくとも 私やみつ子 他の子までに
エスカレートしてきたボスたちを 批判し 守ってくれた
そう、彼女にも感謝している

そしてボスたちのこと
幼い彼女たちの抱えるストレスは 私には計り知れないモノだった
そのストレスを発散させるかのように 私たちを辛くさせた
なんとなく 理解できるような
理解はしなくていいか・・・ 人は人を傷つけちゃいけないのだから

すべての人間が背負うべき過去
私にとって 辛い過去だったけど もうおしまい
すべての過去を 大切に思える時が やっときたのだ

私の人生の中で 必ず生きてくる 過去の経験
こんな私だから できることがある そう信じてみよう


過去から開放されるとき★
[PR]
by cocchiy | 2006-12-11 15:46 | 自分のコト
<< ひとり 自己嫌悪 >>