高2 思い出合宿

高校2年生 バスケ部 県外合宿
大型免許を取得した顧問の先生が運転する ポンコツバスに乗って遠征
このバスが私たちの超お気に入り

遠征先の先生、女の人だけどこれが鬼のように恐くて
マネージャーたちが ビビッていたっけ
やたらめったら 怒鳴り散らす

宿泊させてもらったのが お寺で・・・しかも敷地内に お墓があった
入り口にある大部屋に男子 階段上がったところの大部屋が女子
先輩後輩関係なく 寝る場所めぐって じゃんけんぽい
負けまくって 私とミクとミーが一番下の 一番お墓よりの小部屋
 ぞぞぉ~~~  なぜかこの部屋だけ電球も暗い気がした
就寝時間過ぎても ざわざわ 眠れずにいると
ミーが 「あれ?何か光ってない?」 
それにミクがビビッて 「ぎゃ~~~!!!」
・・・朝になって 「何か光って見えたけど、信号だったみたい」とミー
本気でおびえていたミクは、今度はぎゃーぎゃー怒ってた

翌日の朝。
身支度整え 出発しようと通り道の男子の部屋を開けると
全員揃って 爆睡?・・・え?・・・先生まで?
何だか マヌケな光景

お昼はコンビニ
私は味付けゆで卵にハマっていた
2個入りだったから ケイとひとつずつしようと買ってきた
食べ過ぎてしまった私は 楽しみにいていたゆで卵が食べれず
「誰か欲しい人?」
「は~い」キャプテンのカオルが食べてくれた

午後の練習が始まり しばらくすると カオルの様子がおかしい
じんましん 発生
どうやら、さっきのゆで卵にあたったらしい・・・ ごめんよカオル
こんな時に限って 保険証の控えを忘れたマネージャー
ついてない 合宿

それでも随分時がたった今でもあの“ついてない合宿”が一番思い出深い
[PR]
by cocchiy | 2006-10-20 00:36 | あの頃は・・・
<< 髪を切る 尾崎 豊 LIVE >>