北風と太陽

最近、久しぶりに「北風と太陽」の話を思い出した。

はっきりと覚えていないけど、ある日北風と太陽がひとりの旅人を見つけ、
その旅人の着ているコートをどっちが脱がすことができるか競争するってゆうお話。

“北風はびゅんびゅんと寒く冷たい風をあててコートを吹き飛ばそうとした。
でも旅人はその風に負けないようにコートの襟をしっかりと持ち、
コートを脱がされることはなかった。

次に太陽は、さんさんと暖かな陽ざしを送った。すると旅人はだんだんと暑くなってきて
簡単にコートを脱いでしまった。”

私も以前は北風だった。相手に対して腹を立てて、何でも自分の思い通りに動かそうとしていた。
思い通りになったとしても、相手は「無理やりさせられている」という感じだったと思う。
きっと自分の意思ではなかった。何て虚しい人間関係だっただろう。

ある人と出逢い、変わりたいと思った。
その人は私を認め、すべてを受け入れてくれた。
やっぱり、北風よりも太陽になりたい。相手の意思を尊重し、認め、
内面から輝ける人でありたい。暖かく、柔らかな人でありたい。

そう思える自分になれたことが、何より嬉しい。
[PR]
by cocchiy | 2005-04-30 01:20 | 思うこと
<< ありのまま アメリ >>