サクラ

待ちわびた 季節を感じ取ると 太陽に向かって 細い枝先が伸び始める

そして その先の先まで 小さくても 凛とした 花を咲かせ 心和ませてくれる

花が散るときには ひらひら ひらひらと 風に舞い 
青い空と 薄桃色の 幻想的な 風景を楽しませてくれる

すべてが散り終えても 休む間なく 葉桜が 頑張る
その大きな木の下に 木陰を作ってくれる

やがて その葉は 秋色に変化し、
人恋しいこの季節に 私の心をじんわり温めてくれる

枝だけになった サクラは なおも 美しい

そして また 温かい風が 吹く季節を じっと待つ

  今 満開のサクラ

  一年間 ずっと 大好きな公園の桜の木を見続けてきた

  淡く 甘く とても 穏やかな気持ちになります
  
[PR]
by cocchiy | 2006-04-08 23:46 | 思うこと
<< 20歳までの恋 “守る”ということ >>