ばあの昔話


ばあが二十歳だったころ…結婚を約束した人がいたのだとか。

その彼は、ばあを残し戦争に行ってしまった。
待っても待っても帰ってこなかった。
やがて、戦死の噂を聞くようになった。
7人兄弟だったばあに別の縁談話が持ち上がった。
どんな縁だったのかは定かではない。
写真一枚で、東北育ちのばあが東海地方に嫁ぐことになった。

そして、ぢいと結婚した。


ばあが初めて里帰りをした春のこと・・・
実家へと歩くばあの前から戦死したと聞いていた彼が歩いてきた。

ばあは目を疑った。

桜舞い散るあの道で二人は無言のまますれ違った。

実家に入る門の前、ばあは振り返った。

曲がり角を曲がらずに彼はずっとばあを見ていた。
遠くから彼はばあにおじぎをし、ばあもおじぎをした。
それが二人の本当の別れとなった。

せつなく、悲しい別れの話・・・

でもこの別れがあったから今ここにワタシが存在するんだね





人気blogランキングへ
[PR]
by cocchiy | 2005-11-12 23:51 | 家族のコト
<< 日めくり 秋 2005 >>