意味


同い年のいとこが死んでから 
ずっとその事実を受け止められずにいた

あまりに突然すぎて信じることができなかった

その夏彼は27歳の誕生日を迎えることができなかった

あの夏から 4年が過ぎた

私はその年の秋に結婚した
お祝いに駆けつけるからと約束してくれたのにな
花嫁姿、見て欲しかった
彼の両親であり、私の叔父・叔母あたる二人の笑顔が忘れられない
まだ、きっと彼の突然の死の悲しみの中にいたはず


彼がいなくなり、ようやく気がついた

誰もがいつ終えるか分からない今を生きているということに

彼にはやり残したことがいくつあっただろう

彼には伝えたい言葉がいくつあっただろう

今日という二度とない一日を 素直に 生きなさい
と彼は言っている気がする

嘘もつまらない意地もいらない
大切に想う人たちを 今、大事に大事にしてください
と託された気がする

そう心に刻んでから、私の人生がこれまでと違うように思えた


そんなふうに彼の死の意味を自分勝手に見いだし
やっと彼の死を受け止めることができたように思う 
[PR]
by cocchiy | 2005-08-12 10:59 | 思うこと
<< ライフ・イズ・ビューティフル チャンス >>